新しいMacbookproが発表されたようです。

先ほど、アメリカでApple社の発表会が開催され、新型のMacbook proが発表されました。
新しいMacbook proはタッチバーと呼ばれるファンクションキーに代わるディスプレイが内蔵されたタッチパネルが搭載されているようです。
タッチバーは、Touch IDに対応していて、指紋認証で、Macにログインできるようです。
ほかにも先代まで電源としてMag safeアダプターが搭載されていましたが今回のモデルから廃止され、本体に付属するポートは、USB-TypeCとヘッドホン端子だけとなりました。
予想されていましたがかなり思い切った仕様になっています。
しかし、本体がシンプルになった反面、外部ディスプレイなどを接続したいときは、アダプターが必要になったり、周辺機器が多い時にはハブを利用しなければならなかったりと逆に複雑になるのではないかという気もします。
でも近年、ネットが無線になったり、周辺機器がブルートゥースのものが一般的になったりしているので、Appleはその辺のことを見越してこのような設計にしているのかもしれません。
初代iMacを発売したときに、既存のレガシーデバイスを切り捨ててUSBポートだけにした時のことを思い出させる出来事でした。
お金の余裕があれば買い替えたいと思えるモデルです。

大人ニキビが治らないとお悩み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です